妊娠・妊活中の方に line
女性にとって気軽にダイエットなどに取り組めることで人気のハーブティー。
そんなハーブティーは気持ちが不安定なとき、内臓の機能が弱まっていると感じるときなどの不調の際や、
食べるもの、飲むものに気をつけている妊娠中や妊活中の女性にもオススメです。
ハーブはノンカフェインなので、妊娠中や授乳中でも安心です。
しかし、妊娠中のカラダはとても敏感です。
自然のパワーが凝縮されたハーブのチカラは、強い作用をもたらすことがあります。
まずはそれぞれのハーブの注意事項を理解し、体調や気分と相談しながら
1杯から徐々にスタートすることをオススメします。


  • ラズベリーリープ
  • その1 ラズベリーリーフ
    多くの女性が悩みを抱える、生理痛や不順・月経前症候群(PMS)などの困った症状や、安産のためのハーブとして女性に人気があるラズベリーリーフ。 カルシウムや鉄分などのミネラル、ビタミンCなどが豊富に含まれているため、栄養バランスが気になる方や妊婦・授乳中の方にもオススメです。ホットティーで飲むとカラダが温まり、赤ちゃんに酸素がいきわたりやすくなるので、妊娠中は特に温かいものを飲みましょう。 正期産に入った妊婦さんが積極的に飲むことで、骨盤の収縮を促し安産になるといわれ、産後の回復を早め質の良い母乳分泌を促すとされ、海外では産婦人科で処方されている最もポピュラーな女性の為のハーブティーです。ラズベリーリーフには子宮を収縮させる作用があるため、妊娠初期~中期の方はお控え下さい。


  • ルイボス
  • その1 ルイボス
    お茶を飲みたいけれどカフェインが気になるという女性も多いと思います。カフェインは、カラダの外に水分を排出する働きを持ちます。妊娠中にカフェインを摂取し過ぎてしまうとカラダに必要な栄養成分まで排出され、赤ちゃんに必要な栄養が行き届かなくなる可能性も出てきます。
    また、お腹の中の赤ちゃんは大人と違い肝臓がとても未熟ですので、胎盤を介して赤ちゃんの体内に運ばれたカフェインはうまく処理されずに残ってしまいます。つまり赤ちゃんのカラダに大きな負担をかけてしまうのです。ルイボスには一切カフェインが含まれていませんので、妊娠中でも安心してお飲みになれます。

  • ローズヒップ
  • その1 ローズヒップ
    ローズヒップは別名「ビタミンCの爆弾」と呼ばれ、レモンのおよそ9倍ものビタミンCが含まれています。
    肌に良いことで知られるビタミンC。妊娠中は肌がデリケートになりやすいともいわれるので、積極的に摂りたい成分です。
    ビタミンCの他にも、カルシウムや鉄分、ビタミンEなどの女性に不足しがちな栄養素も含まれており、この栄養素がホルモンバランスを整え、妊娠しやすいカラダ作りをサポートしてくれます。

  • レディスまんと
  • その1 レディスマントル
    生理痛や更年期障害など婦人科系の症状に利用されてきました。また、産後の体力回復を助ける働きもあります。まさに女性の為のハーブです。 他にも、収れん作用が優れており、下痢や胃腸炎の改善に効果的です。口腔内やのどの痛みなど、口内のトラブルにも有効です。ティーでうがいをするのもオススメです。



  • おすすめ商品

    妊活
    妊活
    オリジナルブレンド05
    妊娠中
    妊娠中
    オリジナルブレンド06
    妊娠後期・生産期
    妊娠後期・生産期
    オリジナルブレンド07


    ※クリックで商品ページへ。
    美味しいハーブティーの淹れ方 line
    女性にとって気軽にダイエットなどに取り組めることで人気のハーブティー。そんなハーブティーは気持ちが不安定なとき、内臓の機能が弱まっていると感じるときなどの不調の際や、食べるもの、飲むものに気をつけている妊娠中や妊活中の女性にもオススメです。 ハーブはノンカフェインなので、妊娠中や授乳中でも安心です。しかし、妊娠中のカラダはとても敏感です。自然のパワーが凝縮されたハーブのチカラは、強い作用をもたらすことがあります。まずはそれぞれのハーブの注意事項を理解し、体調や気分と相談しながら1杯から徐々にスタートすることをオススメします。

  • ラズベリーリープ
  • その1 ラズベリーリーフ
    多くの女性が悩みを抱える、生理痛や不順・月経前症候群(PMS)などの困った症状や、安産のためのハーブとして女性に人気があるラズベリーリーフ。
    カルシウムや鉄分などのミネラル、ビタミンCなどが豊富に含まれているため、栄養バランスが気になる方や妊婦・授乳中の方にもオススメです。ホットティーで飲むとカラダが温まり、赤ちゃんに酸素がいきわたりやすくなるので、妊娠中は特に温かいものを飲みましょう。
    正期産に入った妊婦さんが積極的に飲むことで、骨盤の収縮を促し安産になるといわれ、産後の回復を早め質の良い母乳分泌を促すとされ、海外では産婦人科で処方されている最もポピュラーな女性の為のハーブティーです。ラズベリーリーフには子宮を収縮させる作用があるため、妊娠初期~中期の方はお控え下さい。

  • ルイボス
  • その1 ルイボス
    お茶を飲みたいけれどカフェインが気になるという女性も多いと思います。カフェインは、カラダの外に水分を排出する働きを持ちます。妊娠中にカフェインを摂取し過ぎてしまうとカラダに必要な栄養成分まで排出され、赤ちゃんに必要な栄養が行き届かなくなる可能性も出てきます。
    また、お腹の中の赤ちゃんは大人と違い肝臓がとても未熟ですので、胎盤を介して赤ちゃんの体内に運ばれたカフェインはうまく処理されずに残ってしまいます。つまり赤ちゃんのカラダに大きな負担をかけてしまうのです。ルイボスには一切カフェインが含まれていませんので、妊娠中でも安心してお飲みになれます。

  • ローズヒップ
  • その1 ローズヒップ
    ローズヒップは別名「ビタミンCの爆弾」と呼ばれ、レモンのおよそ9倍ものビタミンCが含まれています。
    肌に良いことで知られるビタミンC。妊娠中は肌がデリケートになりやすいともいわれるので、積極的に摂りたい成分です。
    ビタミンCの他にも、カルシウムや鉄分、ビタミンEなどの女性に不足しがちな栄養素も含まれており、この栄養素がホルモンバランスを整え、妊娠しやすいカラダ作りをサポートしてくれます。
  • レディスマントル
  • その1 レディスマントル
    生理痛や更年期障害など婦人科系の症状に利用されてきました。また、産後の体力回復を助ける働きもあります。まさに女性の為のハーブです。
    他にも、収れん作用が優れており、下痢や胃腸炎の改善に効果的です。口腔内やのどの痛みなど、口内のトラブルにも有効です。ティーでうがいをするのもオススメです。


    おすすめ商品
    妊活
    オリジナルブレンド04
    妊娠中
    オリジナルブレンド04
    妊娠後期・生産期
    オリジナルブレンド04


    ※クリックで商品ページへ。