美味しいハーブティーの淹れ方 line
インナービューティーへの意識が高まる中、ハーブティーは「手軽に」「美味しく」キレイをチャージできます♪
美肌やダイエットなど目的に合わせて選べるハーブティーは、ちょっとしたコツで味に違いが出てきます。
淹れ方はとても簡単!ご自宅で極上のリラックスタイムがいつでも楽しめます♪

  • 手順1
  • その1 最初の準備
    ハーブティーを入れる前に、まずは使用するポットとカップを温めておきます。そうすることで、冷めにくく温かいハーブティーを楽しむことができます。また、大きい葉や花、固い実や種を使用する場合には、あらかじめ香りが立つくらいまですり潰しておくと、よりハーブの力を引き出すことができます。既にブレンドされているハーブティーは、ピールや細かいハーブが底に溜まりやすいので、中身をしっかり混ぜて均一にしておきましょう。

  • 手順2
  • その1 ポットにハーブティーを入れる
    ハーブティーを淹れる準備が整ったら、ポットの中に人数分のハーブを入れます。ティースプーン1杯(2~4g)となっています。1人前3~5g(果実やピール等重たいものは5g)お好みに合わせて量を調整してお飲み頂いても構いません。

  • 手順3
  • その1 お湯を注ぐ
    お湯は沸騰してすぐのものではなく、少し冷まして90度~98度になったお湯を使用しましょう。沸騰したお湯を入れてしまうと、ハーブの魅力である香り成分が逃げてしまいます。大切なポイントは、お湯をゆっくりと注いだら香りが逃げないようにしっかりと蓋をし、3分~4分ほど蒸らすこと。蒸らすことによって、ハーブに含まれている香りや味、有効成分が抽出されます。ハーブ1人前に対し、お湯150~180cc程度。自分だけのMyレシピを探すのも楽しいですよ♪

  • 手順4
  • その1 カップに注ぐ
    注ぐ前に軽くポットを回して、濃さを均一にし、茶漉しを使ってカップに注ぎます。ティーの濃さを均一にすることで、最後までハーブの味が楽しめます。お好みで、砂糖・はちみつ・シロップを入れても美味しく召し上がれます。また、葉や花を浮かべた飲み方は見た目も可愛くてオススメです。

  • 美味しいハーブティーの淹れ方 line

    インナービューティーへの意識が高まる中、ハーブティーは「手軽に」「美味しく」キレイをチャージできます♪
    美肌やダイエットなど目的に合わせて選べるハーブティーは、ちょっとしたコツで味に違いが出てきます。
    淹れ方はとても簡単!ご自宅で極上のリラックスタイムがいつでも楽しめます♪

  • 手順1
  • その1 最初の準備
    ハーブティーを入れる前に、まずは使用するポットとカップを温めておきます。そうすることで、冷めにくく温かいハーブティーを楽しむことができます。また、大きい葉や花、固い実や種を使用する場合には、あらかじめ香りが立つくらいまですり潰しておくと、よりハーブの力を引き出すことができます。既にブレンドされているハーブティーは、ピールや細かいハーブが底に溜まりやすいので、中身をしっかり混ぜて均一にしておきましょう。

  • 手順2
  • その1 ポットにハーブティーを入れる
    ハーブティーを淹れる準備が整ったら、ポットの中に人数分のハーブを入れます。ティースプーン1杯(2~4g)となっています。1人前3~5g(果実やピール等重たいものは5g)お好みに合わせて量を調整してお飲み頂いても構いません。

  • 手順3
  • その1 お湯を注ぐ
    お湯は沸騰してすぐのものではなく、少し冷まして90度~98度になったお湯を使用しましょう。沸騰したお湯を入れてしまうと、ハーブの魅力である香り成分が逃げてしまいます。大切なポイントは、お湯をゆっくりと注いだら香りが逃げないようにしっかりと蓋をし、3分~4分ほど蒸らすこと。蒸らすことによって、ハーブに含まれている香りや味、有効成分が抽出されます。ハーブ1人前に対し、お湯150~180cc程度。自分だけのMyレシピを探すのも楽しいですよ♪

  • 手順4
  • その1 カップに注ぐ
    注ぐ前に軽くポットを回して、濃さを均一にし、茶漉しを使ってカップに注ぎます。ティーの濃さを均一にすることで、最後までハーブの味が楽しめます。お好みで、砂糖・はちみつ・シロップを入れても美味しく召し上がれます。また、葉や花を浮かべた飲み方は見た目も可愛くてオススメです。
  • 手順を動画で見る